福島

【自家熟成】 飛露喜 特別本醸造 12BY

今年4月の福島から盛岡への引っ越しrvcar
最も厄介だったのは、日本酒、それも小分けにして自家熟成しているものだった。
そう遠くない将来、また引っ越しがあるだろうし、
日頃の不摂生が祟って、いつあの世に召されないとも限らない。
少しずつ消費してしまおうと思っている。

かつては、飛露喜にも本醸造があったんだね。
なつかしい・・・・

上品な甘みがある。
次いで、ビリビリした辛さが出て、フレッシュさが感じられる。
いいねnote若々しくてひねはなく、12BYとは、到底思えないsign01
さらには、深みとコクが出て、絶妙good
後半は、旨みより辛さが勝るが、温度が上がっても熟成した感じはない。
一人で飲むには勿体なかったbleah

満足度 lovely annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉川

泉川
泉川 特撰 純米吟醸 廣木酒造本店(福島県会津坂下町)

精米歩合:50%
アルコール分:16度
720ml 1,575円

泉川、飛露喜の地元銘柄だ。
十四代と朝日鷹のようなもんだね。
でも、飛露喜と泉川にはそれほどの差はないと感じている。
福島では非常に入手困難な飛露喜を、あえて入手しようとする必要は感じない。
さて、どうかsign02

いつもより高めの温度で飲み始める。
酸の効いた、コクのある味わい。
口当たりがまろやかで、心地よい。
さらに温度が上がると、濃醇さと共にアルコール感が出る。
旨みと辛さが同居して、いいねnote

1週間後、旨みと辛さが感じられ、ナッツ臭が後に残る。
アルコール感もあって、爽快さが感じられる。
温度が上がると味わいが増すが、酸が効いていてキレが良い。

さらに1週間後、フルーティーな含み香が心地良い。
シャープでキレがあり、さらさら喉の奥に流れ込む。
涼やかだねnote
温度の上昇とともに、味わいと荒さが増す。

総じて、完成度の高い佳酒。
さらにflairが加われば文句なしだが、それは飛露喜に譲ってもいいだろう。

満足度 confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★
CP    confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぶくま

あぶくま
あぶくま 純米吟醸 山田錦 無濾過生詰 玄葉本店(福島県田村市)

使用米:山田錦
精米歩合:50%
アルコール分:16度
720ml 1,575円

今、福島で一番shineな蔵ではないかと感じている。
火入れなので、安心して飲める。

甘い香りが立つ。
含むと穏やかながら、バランスの取れた味わい。
若干柑橘系の風味も出て、爽やかさも感じられる。

2日後、フルーティーな香りが立つ。
まろやかな旨みと酸があり、かなり開いてきた感じ。
バランスがとれていて、上品な風味。

ストレスを感じない、中庸で無難な味わい。
開栓直後が一番良かった。

満足度 confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★
CP    think ☆☆☆☆☆☆☆★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

花泉

花泉
花泉 純米酒 花泉酒造(福島県南会津町)

精米歩合:65%
アルコール分:16度
1.8L 2,749円

頒布会の中の1本。
かつては福島の幻の酒だったが、最近はネットでもいろいろな酒屋さんで見かけるね。
純米酒は、三増酒一辺倒から路線転換し始めた頃に飲んだ記憶がある。
余り良い印象は残っていないが、あの頃とは造りが全く変わっているはず。
さて、どうか。

仄かにフルーティーな香りが立つ。
含むと上品な旨みがあって、まろやか。
そして、すっきりキレる。
いいねnote
徐々に酸が効いてきて、深みとコクが感じられる。

3週間後、冷えている状態でも、酸が前面に出る。
その陰に旨みが感じられるが、やや酸の方が勝る。
酸が効いている分、すっきりとキレる。
温度がやや上がると、乳酸感とコクも出てくるね。

さらに1カ月後、冷えた状態では旨みが感じられない。
結局、開栓直後が最も良い感じ。
ある意味、当然といえるか?
最近は、開栓後どんどん開くのが良いお酒という風潮が一部にあるが、
開けたらすぐおいしいのがあるべき姿だろう。

満足度 confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★
CP        confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥の松

奥の松
奥の松 純米大吟醸 スパークリング 奥の松酒造(福島県二本松市)

精米歩合:50%
日本酒度:-25
酸度:2.5
アルコール分:11度
300ml 609円

今日は久々に暑かった。
(完全版にはかなり前にUPした記事なので・・・・・)
それにずいぶん雨が降ってなくて、もうカラカラだ。
そろそろ雨rainが欲しいぞsign01
一日中外仕事sweat01だったので、炭酸系飲料が飲みたくなった。
買いに立ち寄ったスーパーで目が合ったのが、このお酒。
今日はスパークリングが飲みたい気分~note
社長が交代してから、奥の松は飲んでないしね。
福島での原点回帰~note

安易に開けようとしたら、吹き出しそうになった。
あぶない、あぶない。coldsweats02
含むとシュワシュワ感と、甘酸っぱさが感じられる。
爽快感だけじゃなくて、味わいもある。
さすが、日本酒度-25だ。
いいね〜note
私が想定するにごりスパークリングのイメージに、かなり近い。
もう少しアルコール感があると、なお良いんだけど。

満足度 happy01 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★
CP    confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛露喜

飛露喜
飛露喜 特撰純米吟醸 廣木酒造本店(福島県会津坂下町)

精米歩合:麹米40%掛米50%
原料米:山田錦100%
アルコール分:16度
720ml 2,625円

飛露喜に関しては努力して買おうという気は既にないので、
久しぶりの購入。
福島ではホントに手に入らないもんね。down
これは故あって、ネットで購入。

栓を抜いた途端、カプっとした香りが濃厚に広がる。
えっsign01こう来たかsign02
これは期待できないかなぁ・・・・・down
でも、グラスに注ぐとそう強くは感じない。
含むとほんのりとした甘みにフルーティーな酸が感じられる。
シャープでバランスがとれている。
これはなかなかいいねnote
すっきりキレる。
特別なインパクトはないが、完成度は高い。

満足度 confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★
CP    think ☆☆☆☆☆☆★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわきの居酒屋で

いただいたお酒。
節酒を始めてから、いただく機会が激減してしまった福島の注目のお酒。

あぶくま 純米吟醸生原酒 happy01 すっきりした穏やかな味わい。
わずかにアルコール感が残る。
徐々に上品な旨みと果実感が出てくるね♪

あぶくま 純米原酒 confident 適度な熟成感があって。まろやか。
程良い酸が全体を引き立てている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花泉

花泉
一口万 ひとろまん 初しぼり無濾過生原酒 花泉酒造(福島県南会津町)

原材料:米・米麹
酵母:福島県産うつくしま夢酵母(F7-01)
アルコール分:18度
1.8L 4,650円

節酒を始めて基本的に平日に飲まなくなってから、
準地元の福島のお酒はとんとご無沙汰。
いかんなぁ~rainということで、花泉。
私が福島に来た頃は福島の幻のお酒と言われ、
山を下ると値段が倍になると聞いていた。
しかし、特定名称酒はほとんど?全く?なかった。
その後、純米酒や本醸造生原酒も出されるようになり、
私の飲む機会も増えてきた。
昨年から蔵の体制が一新したようで、新たなお酒が出てきている。
このお酒もそうだよね。
原材料が米、米麹ということは純米規格?
製造年月が20.12の初しぼりから純米とは、本当に様変わりしたね。

色は薄い琥珀色。
何だか熟成したように見えるね。
香りは・・・・・花粉症のため、よく分からない。
しっかりした甘さとうまさが感じられ、適度な酸を伴ってすっきりキレる。
いいじゃないnote
極々わずかに炭酸感があってフレッシュながら、まろやか。
飲むほどに旨みが増すが、全く飲み飽きることなくすいすい入る。
徐々に乳酸感が後に残るが、違和感はない。
いいsign01文句なしsign03

2日目、変わらぬジューシーで濃醇な味わい。
味わいに艶があるね。
気を付けていないと、どんどん杯が進んでしまう。
これだけ濃いのに、後味はすっきりしている。

3日目、室温に近い温度から飲み始める。
マイルドな口当たりにはなるが、シャープさが消えてぼんやりした感じに。
旨みはあるが酸が感じられないため、どうにもピンと来ない。
これは余計なことをしちゃったなぁ。coldsweats02
きりりと冷やして飲みたいねnote

満足度 happy01 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★
CP    confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津ほまれ

会津ほまれ
純米麹 長期熟成酒 2005 ほまれ酒造(福島県喜多方市)

原材料:米麹100%
精米歩合:58%
日本酒度:-20
酸度:3.1
アミノ酸度:2.8
アルコール分:18度
375ml 1,480円

大七を購入した酒屋さんで、一番魅力を感じたのがこのお酒。
まず、面くいの私としてはその外観に惹かれた。
全麹酒か・・・・久しぶりだ。

冷やしたせいか、香りはきわめて穏やか。
濃厚な琥珀色が長期熟成酒のよう。
含むと・・・・・あ〜、いいね〜note
濃熟タイプの古酒を思わせる風味に、まろやかなとろりとした旨み。
それほど酸は感じないがすっきりとキレる。
温度が上がるにつれて、濃醇さと深みがどんどん増す。
うまいぃぃsign03
酸味も同時に出てくるので、重さもない。
外面、内面共文句なしsign03

近いうち、保管用にもう1本買いに行こう。

満足度 lovely ☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
CP    happy01 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やまとがわ

やまとがわ
やまとがわ 純米無濾過生 かすみ酒 大和川酒造店(福島県喜多方市)

精米歩合:55%
アルコール分:16-17度
720ml 1,280円

節酒を始めて単身赴任先の福島では酒を飲まなくなり、
すっかり縁遠くなってしまった福島のお酒。
昨晩、山形に戻って近くのスーパーで買い物をしていたら発見sign01
お~note今年はもう出たんだ。
The special brewing in summer, 2008
The fresh pure sake that taste of rice was drawn
英語に違和感は残るが、今年はピンクのラベルにSparklingの文字が鮮やか。
新酒好きの私には嬉しいお酒だ。

見た目は上品な薄にごり、麹の香りが程良く立つ。
含むと麹の風味が広がり、濃醇な旨みと酸が感じられる。
Sparklingという感じはない。
フレッシュさもそれほど感じず、バランスのとれた生酒だ。
うまい。心配していた重さもない。
欲を言えば、これだけSparklingを強調しているのだから、せめて微炭酸は欲しいね。

満足度 happy01 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★
CP    happy01 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧