奈良

みむろ杉 水酉元純米

みむろ杉水酉元純米
みむろ杉 水酉元純米 無濾過生原酒 今西酒造(奈良県桜井市)

原料米:露葉風
精米歩合:60%
日本酒度:+1
酸度:2.4
酵母:KT901
720ml 1,512円

水酉元に惹かれて、購入。
奈良と言えば菩提酉元sign01のはずだが、水酉元ってsign02
今西酒造では、毎年「菩提もと研究会」として正暦寺にて仕込まれた酒母を使用した”菩提もと”も醸造しますが、このお酒は1から蔵で仕込んだ菩提もと造りのお酒を”水もと”としてリリースしたものです。
ということらしい。

甘い香りが立つ。
含むと、コクのある酸と強めの苦みが感じられる。
徐々に苦みが薄れ、酸が表面に出て来る。
次いで、荒さと旨みが増して、酸とバランスする。
いいねnoteこれでこそ生原酒sign01濃醇な旨みがある。

水酉元、今後も注目かも。

満足度 happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★
CP    happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の森 純米しぼり華

新酒〜♪風の森
風の森 純米しぼり華 秋津穂 油長酒造(奈良県御所市)

原料米:秋津穂
精米歩合:65%
使用酵母:K-7系
日本酒度:2.0
酸度:1.9
アルコール分:17度
720ml 1,050円

一時はまっていた奈良のお酒。
特に理由があった訳ではないが、最近とんとご無沙汰だ。

微炭酸が感じられるすっきりした味わい。
徐々に麹の風味が増し、コクのある濃醇な酸が出てくる。
いいねnote深みのある味わいがたまらない。

3週間後、まだまだ若々しい、微炭酸が感じられる味わい。
以前とファーストコンタクトは変わらない。
だが、一向に味わいは変わらず、物足りなさばかりが残る。

さらに2週間後、変わらずフレッシュな味わい。
柑橘を思わせる爽やかな旨みと酸があり、さらりとキレる。
以前より、かなり軽快な風味になっている。      
 
個人的には、開栓直後が最も好み。
開けてすぐおいしいのは、基本だねnote

満足度 confident annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★★
CP         happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新酒~♪鷹長

新酒〜♪鷹長
鷹長 菩提酉元純米酒 生酒 油長酒造(奈良県御所市)

原料米:菩提山町産ヒノヒカリ
精米歩合:60%
日本酒度:-18
酸度:3.1
アミノ酸度:3.2
仕込み水:金剛葛城山系深層地下水 硬度 214mg/L(硬水)
アルコール分:17度
720ml 1,575円

風の森と言った方が通りがいいかも。
久々に奈良のお酒。
その中で気に入っていたのは、菩提酉元sign01
味わいもさることながら、何か古のロマンを感じる。
古都奈良で醸造してこそのお酒だと思う。
と、ハードルを上げた状態でいただく。

薄い琥珀色。
含むと、濃醇で甘酸のバランスが取れている。
後には、古酒のような風味が残る。
徐々にコクが出るが、すっきりキレる。
いいねnoteこれぞ菩提酉元sign01

2週間後、冷えているうちは、熟成した感じが突出する。
徐々にまろやかな麹の甘みが出て、とろりとした口当たりになる。
室温よりやや低い程度の温度が一番の好み~note

さらに1週間後、瓶の底に残ったものをいただく。
とろりとした感触に、甘酸のバランスした濃醇な味わい。
キレもあって、飾り気のない素のうまさがたまらないgood

ちょっと菩提酉元に拘ってみたくなった。

満足度 happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★
CP    happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

祝~♪奈良カテ新設!梅乃宿

新酒〜♪梅乃宿
梅乃宿 季づくり 純米吟醸 しぼりたて 生 梅乃宿酒造(奈良県葛城市)

精米歩合:60%
アルコール分:17-18度
720ml 1,260円

梅乃宿との初めての出会いは、神戸の居酒屋で、大古酒だったcatface
私の古酒に対する認識を一新させてくれた、思い出の1本だ。
今も、冷蔵庫に本醸造大古酒が入っている。
価格もリーズナブルだよね。良心的heart04

それがきっかけで梅乃宿を飲み始め、一時はかなりはまった。
さらには、奈良の意欲的な酒屋さんと懇意にさせてもらい、
奈良の酒がマイブームの時期もあった。
その中でも定番中の定番がしぼりたてsign01
絶対に外せない1本だった。
なのに、これまで奈良カテゴリーがなかったなんて・・・・・
久々の味わいはいかにsign02

予め片口に入れて温度を上げておく。
程良い旨みと酸、そして、荒さが残る。
冷えている状態より、かなり新酒らしさがある。
荒さが鼻に抜け、麹の風味が心地いい。
片口分を飲み干してしまい、冷蔵庫のものを飲んでみる。
すると、冷やしすぎはよくないが、冷やよりやや低めの温度帯が最も好みnote
コクとキレ、荒さのバランスがちょうどいい。

満足度 confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★
CP    confident ☆☆☆☆☆☆☆★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)