« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

花泉 純米生原酒

花泉 純米無濾過生原酒 花泉酒造(福島県南会津町)

麹米:会津産五百万石
掛米:南会津産タカネミノリ
四段もち米:ひめのもち
アルコール度分:19度
精米歩合 65%
1.8L  3,034円

私が福島に赴任した当時は、知る人ぞ知る福島の幻のお酒だった。
今や、その面影は全くないが、酒質は向上してるsign02

アルコール臭が立つ。
含むと、喉の奥にビリビリした感じがあり、苦みが残る。
温度が上がると徐々に丸くなって、旨みが出て来る。
さらには、味に深みが増す。
今後の変化が楽しみかもnote

2日後、いきなり開いたnote
甘酸のバランスが絶妙で、麹の風味がしっかりある。
いいねnote適度な荒さもあって、ほぼ完璧good

3週間後、濃厚な酸が感じられる。
次いで旨みが増して、酸とバランスする。
いいねnoteたまらないhappy02

久々に飲んだが、予想を裏切る驚きの旨さ~sign01
新酒を待って、また手にしてみたいsign03

満足度 happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★
CP    happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みむろ杉 水酉元純米

みむろ杉水酉元純米
みむろ杉 水酉元純米 無濾過生原酒 今西酒造(奈良県桜井市)

原料米:露葉風
精米歩合:60%
日本酒度:+1
酸度:2.4
酵母:KT901
720ml 1,512円

水酉元に惹かれて、購入。
奈良と言えば菩提酉元sign01のはずだが、水酉元ってsign02
今西酒造では、毎年「菩提もと研究会」として正暦寺にて仕込まれた酒母を使用した”菩提もと”も醸造しますが、このお酒は1から蔵で仕込んだ菩提もと造りのお酒を”水もと”としてリリースしたものです。
ということらしい。

甘い香りが立つ。
含むと、コクのある酸と強めの苦みが感じられる。
徐々に苦みが薄れ、酸が表面に出て来る。
次いで、荒さと旨みが増して、酸とバランスする。
いいねnoteこれでこそ生原酒sign01濃醇な旨みがある。

水酉元、今後も注目かも。

満足度 happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★
CP    happy01 annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジゴロ・イン・ニューヨーク(ネタバレあり?)

Poster2
予告編の軽妙な感じに惹かれて、劇場に足を運んだ。
結論から書くと、私の感性には全くフィットしなかった。
以前から書いているが、私はどうもフランス映画とは相性が良くない。
この映画はその雰囲気があったので、そうではないことを確認したはずだが、
イン・ニューヨークと言いつつ、フランステイストが濃厚だった。

最も違和感があったのは、ジゴロsign01
年齢の割にはカッコイイが、どう見てもおじいさんだった。
ヒロインも個人的にはキレイとは思えず、すきっ歯ばかりが気になったdown
この2人の恋愛模様が輝いてshineこその映画と思うが、侘しい雰囲気が漂ったrain
ヒロインは最後はあっさり他の男に乗り換えるし、
それで辞める決意をしたジゴロも何事もなかったように復活する。
シャロン・ストーンもすっかり品のないおばさんで、全体として絵的にも厳しかった。
加えて、ユダヤ人の様子にも違和感ありすぎで、話に入り込めなかった。
これって笑うとこsign02と気にはなりつつも、最後まで全く笑えなかった。
いつか盛り上がるのかsign02期待していたのだが、ずっと平坦で欠伸を噛み殺した。
軽妙でセンスある大人の恋愛を期待したのに、軽くて浅すぎsign01
どうにもすくいようがなかった。
満足度 despair annoyannoyannoyannoy★★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »