« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

her 世界でひとつの彼女(ネタバレあり?)

Poster
予告編を観て、是非劇場に足を運びたいと思っていた。
ようやくの上映に、初日に勇んで出掛けた。

PCの声がスカーレット・ヨハンソンだと事前に知っていたので、
声だけのやり取りでも常に彼女をイメージして観ていた。
よって、大きな違和感はなく、彼女の艶やかな演技に魅了されたheart04
だが、冷静に見れば、主人公はPCとの疑似恋愛にのめり込んでいるキモ男だ。
聡明で美しい妻に捨てられてしまうのも、やむ無しsign01と思わせられる。
また、男としてはこの上なく好都合な状況を、
ことごとくふいにしてしまうのにも長嘆息を禁じ得なかった。
加えて、その描き方が非常に冗長で、途中で意識が遠退きかけたsleepy

PCとの叶うべくもない純悲恋を期待していたのに、
何とsign01PCに何百股もかけられてしまうのには、失笑するしかないsmile
冒頭から思っていたけれど、主人公と最も相性が良いのはエイミーだった。
ラストはこの2人が結ばれるだろうと踏んでいたのだが、
結局なるようになったということでいいのだろうかsign02
スッキリしないフェードアウトだった。

満足度 think ☆☆☆☆☆☆★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »